FC2ブログ

休日の在籍確認の電話

就労の確認として会社に電話をかけることがあります。
そこで問題になるのが休日。

休日で誰もいない時にかけても在籍確認になるのかと思う人もいるでしょう。

それでもとりあえず1回はかけます。

まず呼び出し音がちゃんと鳴るかどうかを確認。

お客さんは休みと思っていても、誰かいる場合もあります。
それで結構確認できちゃうんですよね。

誰も出なくても留守番電話のアナウンスが流れる場合もあります。
そのアナウンスに会社名が含まれることもあるんですよね。
もちろん完全な確認にはなりません。
でも、その他の状況と合わせて審査を進めることもあります。

自分の会社の電話対応がどうなってるか。
一度確認しておくのも良いかと思いますよ。
スポンサーサイト



源泉徴収票で分かること

年収を確認する書類として源泉徴収票があります。
これがあると1枚で済むので楽なんですよね。

勤務先から年末年始に発行されることが多いので、この時期には提出してくれる人が多いです。
ところが出ない人がいる。
「どうして?」って。

よくよく聞くと働いて1年経っていないのだとか。
もちろんそれでも源泉徴収票は出るんですが、金額が少ないんですよね。
そうなると先に申告した入社年月と齟齬がでます。
つまり嘘をついていたことがバレちゃうんですね。

つまらない嘘はつかないことです。

毎月返済時の最低金額

月々返済する場合に最低金額が決まっています。
最低金額は借りた金額によって変わりますが、「これ以上は返してね」ってラインです。
それ以上返してくれる分には問題ありません。

あんまり早い返済ですと利益にならないんですが、それはそれ。

最低金額すら返せない場合。
相談次第では減額に応じられることもあります。
病気とか事故とかで収入が減ることもありますしね。
全くのゼロとなると難しいですが、少額でも返す意思を見せて欲しいなと。

問題は連絡すらくれない人。
こっちも返してもらってこその商売です。
徹底的に……と言っても法に沿ってですが、請求にかかります。
そうなると追加の貸し出しとかはまず無理です。
完済しても再度の貸し出しに応じないことがあります。

まあ早め早めに相談して下さいってことです。

折り返しの電話をするとき

こちらから電話をかけても出なかった。
そんな時に電話番号を見て折り返し電話をしてくれます。
非情にありがたいのですが、困ったことも。

まず本人かどうかを確認する必要があります。
と言うわけで、名前、住所、生年月日などで本人確認をします。
この時に答えてくれない人が少なからずいます。

「自分は自分だ」と。

でもお金を借りるようなことを他人に知られるのはいやですよね。
なので慎重に本人と確認しなくちゃいけないんです。
その点納得してください。
まあ納得できなければ貸せないんですけどね。

もう1つはまだ審査が終わっていない(状況が多い)こと。
審査を進めるにあたって聞きたいことがあって電話をします。
なので、当然ですが審査は終わっていません。

急ぎの人もいるでしょうけど、そこは慌てず騒がずお待ちください。

ダブルワークを把握しておいてください

今の時代、2つの仕事を掛け持ちしている人もいるでしょう。
場合によっては3つとかも。

そこで問題になるのが仕事の状況の把握です。
メインはともかく、2つ目、3つ目の仕事内容を把握していない人が多いんですよね。
仕事内容って言うよりも雇用関係ですね。

アルバイトとかパートだと仕方ないのかなって気もするんですけど。
でもお金を借りるにあたっては、しっかり把握して欲しいものです。
最低限雇用契約書と給与明細くらいは保管しておいてください。
それすら無いのでは、仕事をしているとは見なせないです。

その分収入にも加算できなくなって借りられる金額が下がります。
はい、総量規制ですね。
来店者数
※New※ プロミス レディースキャッシング ※New※ プロミス レディースキャッシング ご融資どっとこむ株式会社 全国即日キャッシングのTRYフィナンシャルサービス カードローン 小田急ポイントカード ※New※ プロミス レディースキャッシング ※New※ プロミス レディースキャッシング